IP Newsletter
  法律・法規等
  中央政府の動き
  地方政府の動き
  司法関連の動き
  統計関連
  その他知財関連
  バックナンバー

2009年の専利出願件数が97万件超、前年より17.9%増


  中国は2009年、特許·実用新案·意匠を含む専利の出願件数が97万6686件で、前年より17.9%増加した。このうち、国内からの出願は全体の89.9%を占める87万7611件で同22.4%増、国外からの出願は全体の10.1%を占める9万9075件で同10.9%減となっている。国家知識産権局の発布した最新データによりわかった。
 国内出願を権利別に見ると、特許が22万9096件で前年より17,7%、実用新案が30万8861件で同37.9%、意匠が33万9654件で同13.7%とそれぞれ増加した。三種類の出願が全体に占める割合はそれぞれ、特許が26.1%、実用新案が35.2%、意匠が38.7%となっている。また、国内出願の内、職務出願が全体の55%を占め、前年より32.6%増の48万3051件、非職務出願が45%を占め、同11.9%増の39万4560件であった。国内職務出願には企業によるものが39万4299件、前年より33.4%増加し、全体の81.6%を占めた。
 一方、2009年の登録件数が前年より41.2%増の58万1992件に達し、このうち国内権利者によるものが86.2%を占め前年より42.4%増の50万1786件、国外権利者によるものは13.8%を占め、同34.6%増の8万206件となっている。特許の登録件数について、国内は6万5391件、同40.4%増で、国外は6万3098件、同33.9%増だった。(国家知識産権網 2010年1月14日)

Copyright ©2001-2007 JETRO Beijing. All rights reserved.
京ICP備05019210号